「フリードリヒ・ニーチェ」の名言

フリードリヒ・ニーチェの名言


フリードリヒ・ニーチェ

The 'kingdom of God' is not something one waits for; it has no yesterday or tomorrow, it does not come 'in a thousand years' — it is an experience within a heart; it is everywhere, it is nowhere...

 

「神の国」というのは、人が待ち設ける何かではない。だから、そこには昨日も明日もなく、「千年後」に訪れることもない。それは心のなかで経験することであって、つまりはどこにでもあり、どこにもないのだ。



    




Against boredom even gods struggle in vain.

 

退屈には、神々でさえ無駄に足掻く。



    




"Faith" means not wanting to know.

 

「信仰」とは、知りたくないという意味である。



    




The man of knowledge must be able not only to love his enemies but also to hate his friends.

 

知者たるもの、敵を愛すのみならず、友を憎めるようでなければならぬ。



    




Nothing on earth consumes a man more quickly than the passion of resentment.

 

この世で恨みの感情ほど、人を早く消耗させるものはない。



    




The good generally displeases us when it is beyond our ken.

 

理解を超えているときには、善は概して不快なものである。



    




Great intellects are sceptical.

 

偉大なる知性は、懐疑的である。



    




             7