「フリードリヒ・ニーチェ」の名言

フリードリヒ・ニーチェの名言


フリードリヒ・ニーチェ

If he will not be satisfied with truth in the form of tautology, that is to say, if he will not be content with empty husks, then he will always exchange truths for illusions.

 

もし同語反復の形式の真実に満足しないのなら、つまり空虚な抜け殻に甘んじるのでなければ、その者はつねに真実を幻想と交換することになるだろう。



    




We believe that we know something about the things themselves when we speak of trees, colors, snow, and flowers; and yet we possess nothing but metaphors for things — metaphors which correspond in no way to the original entities.

 

木や色や雪や花について話すとき我々は、物事自体について何事かを知っていると信じている。しかし、我々は事物についての隠喩、すなわち元の事物とはまったく対応もしていないような隠喩以外の何ものをも持ってなどいないのである。



    




The pride connected with knowing and sensing lies like a blinding fog over the eyes and senses of men, thus deceiving them concerning the value of existence.

 

知ることと感じることに結びついた矜持は、人の目と感覚を覆う目隠しの霧のようであり、それゆえに存在の価値に関して人々を欺くのだ。



    




Every concept arises from the equation of unequal things.

 

あらゆる概念は、等しくないものどもの同一視によって得られるのである。



    




There exists in the world a single path along which no one can go except you: whither does it lead? Do not ask, go along it.

 

お前をおいて他に行くことのできないただ一つの道が、この世界にはあるのだ。それは、どこへ向かうのか。尋ねることなく、その道に沿って進め。



    




The objective of all human arrangements is through distracting one's thoughts to cease to be aware of life.

 

人間のあらゆる取り決めというのは、自らの考えから目をそらすことで、人生を知ることを妨げるためのものだ。



    




Haste is universal because everyone is in flight from himself.

 

誰もが自分から逃げているため、性急さというのは普遍的なものである。



    




     3