「フリードリヒ・ニーチェ」の名言

フリードリヒ・ニーチェの名言


フリードリヒ・ニーチェ

It is not the struggle of opinions that has made history so violent, but rather the struggle of belief in opinions, that is, the struggle of convictions.

 

歴史をひどく暴力的にしたのは、意見の争いではなく、むしろ意見において信ずるところについての争い、つまり、信念の争いである。



    




He who is punished is never he who performed the deed. He is always the scapegoat.

 

罰せられるのは、決してその行為をした者ではない。彼はつねに、人身御供なのである。



    




He who lives as children live — who does not struggle for his bread and does not believe that his actions possess any ultimate significance — remains childlike.

 

子供のように生きる者、すなわち自分のパンのために苦労することがなく、自分の行いがどんな究極的な意義も持つとは信じていない者は、子供染みたままである。



    




It is not enough to prove something, one has also to seduce or elevate people to it.

 

何かを証明するだけでは十分とは言えず、それへと人々を唆し、高めてやる必要もまたあるのだ。



    




We are, all of us, growing volcanoes that approach the hour of their eruption; but how near or distant that is, nobody knows — not even God.

 

我々は誰も、噴火のときへと近づきつつある火山を育てているのだ。しかし、どれだけ近いか遠いかについては、誰も知らない。神でさえだ。



    




God is dead; but given the way of men, there may still be caves for thousands of years in which his shadow will be shown. — And we — we still have to vanquish his shadow, too.

 

神は死んだ。しかし人間というもののやり口を考えると、その中に影が見られる数千年にも及ぶ洞窟がまだあるかもしれない。そして、我々はやはりその影をもまた打ち消さねばならぬのだ。



    




Mystical explanations are considered deep; the truth is, they are not even shallow.

 

神秘的な説明というのは、深いと考えられている。しかし本当のところは、それは浅くさえないのだ。



    




         5