「フョードル・ドストエフスキー」の名言

フョードル・ドストエフスキーの名言

フョードル・ドストエフスキー


What is hell? I maintain that it is the suffering of being unable to love.

 

地獄とは何か。私は、それが愛することができない苦悩であると断言する。




The darker the night, the brighter the stars, The deeper the grief, the closer is God!

 

夜が暗いほどに星は光り、悲しみが深いほど神に近づく。




Talking nonsense is the sole privilege mankind possesses over the other organisms. It's by talking nonsense that one gets to the truth! I talk nonsense, therefore I'm human.

 

ナンセンスを語ることは、人間が他の生物に対して持つ唯一の特権だ。ナンセンスを語ることは、真実に到達することだ。私はナンセンスを語る。それゆえ、私は人間である。




People speak sometimes about the "bestial" cruelty of man, but that is terribly unjust and offensive to beasts, no animal could ever be so cruel as a man, so artfully, so artistically cruel.

 

人々はときに、人間の「獣のような」残酷さについて話す。しかし、これは獣に対してひどく不当で無礼なことだ。どの動物も人間ほど、狡猾に、芸術的に残酷ではない。




It takes something more than intelligence to act intelligently.

 

知的に振る舞うには、知性以上の何かが必要だ。




The mystery of human existence lies not in just staying alive, but in finding something to live for.

 

人間という存在の謎は、ただ生き続けることの中にあるのでなく、生きるための何かを探し出すことの中にある。




Nothing in this world is harder than speaking the truth, nothing easier than flattery.

 

この世の中で、真実を言うより難しいことはなく、お世辞を言うほど簡単なことはない。



 

         5