「ジョン・キーツ」の名言

ジョン・キーツの名言


ジョン・キーツ

Poetry should be great and unobtrusive, a thing which enters into one's soul, and does not startle it or amaze it with itself, but with its subject.

 

詩は、偉大で、控えめであるべきものだ。つまり、魂に入り込み、それ自体で驚かせたり感心させたりするのでなく、主題を持ったものなのである。



    




Scenery is fine — but human nature is finer.

 

風景は素晴らしい。とは言え、人性はもっと素晴らしい。



    




Every mental pursuit takes its reality and worth from the ardour of the pursuer.

 

あらゆる精神的追求は、追求する者の熱意から真実性と価値とを得るものだ。



    




Axioms in philosophy are not axioms until they are proved upon our pulses.

 

哲学の公理は、我々の鼓動によって証明されるまでは公理ではないのだ。



    




   2  >

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ