「ラ・ロシュフコー」の名言

ラ・ロシュフコーの名言

ラ・ロシュフコー


We always love those who admire us, but we do not always love those whom we admire.

 

我々は自分を称賛する者をつねに愛しているのだが、我々が称賛する者をつねに愛しているわけではない。




Taste may change, but inclination never.

 

趣味は変わったとしても、傾向が変わることはない。




We would frequently be ashamed of our good deeds if people saw all of the motives that produced them.

 

もし人々がそれを生み出したすべての動機を見るとしたなら、我々は自分の善行を頻繁に恥じることになるだろう。




Sometimes, occasions occur in life which demand you to be a little foolish in order to skillfully extricate yourself.

 

人生においてはときより、自分自身をうまく開放するために少しだけ馬鹿になることを要求されることがあるものだ。




Weak people cannot be sincere.

 

弱者は、誠実であることができない。




It is easy to be wise on behalf of others than to be so for ourselves.

 

人のために賢くあるのは、自分のためによりそうあるよりも簡単なことだ。




A wise man thinks it more advantageous not to join the battle than to win.

 

賢い人間は、勝つことよりも争いに加わらないことの方が得になると考えているものだ。



 

           6        10  11  12  13