「ラ・ロシュフコー」の名言

ラ・ロシュフコーの名言

ラ・ロシュフコー


Every one speaks well of his own heart, but no one dares speak well of his own mind.

 

誰もが自分の気持ちを上手に話すが、誰も自分の考えをあえてうまく話そうとはしない。




The old begin to complain of the conduct of the young when they themselves are no longer able to set a bad example.

 

老人はもはや自分で悪い例を示せなくなったときに、若者の行いに文句を言い始めるものだ。




I always say to myself, what is the most important thing we can think about at this extraordinary moment.

 

私はいつも、この驚くべき瞬間に考えうるもっとも重要なことは何だろうかと心の中で考えている。




One is never fortunate or as unfortunate as one imagines.

 

人は心で思うほど、幸運でもなければ不運でもないものだ。




The trust that we put in ourselves makes us feel trust in others.

 

自らに置いた信頼は、人に対する信頼を我々に感じさせるものである。




Decency is the least of all laws, but yet it is the law which is most strictly observed.

 

礼儀というのは、あらゆる法の中でもっとも小さいものだが、それでももっとも厳しく守られている法である。




Jealousy is not love, but self-love.

 

嫉妬は、愛ではなく自己愛だ。



 

             7      10  11  12  13