「アンブローズ・ビアス」の名言

アンブローズ・ビアスの名言

アンブローズ・ビアス


Death is not the end. There remains the litigation over the estate.

 

死は終わりではない。遺産についての訴訟が残っている。




It is evident that skepticism, while it makes no actual change in man, always makes him feel better.

 

懐疑論は、人に実際的な変化を何も起こさないが、いつでも気分を良くすることは明らかなところだ。




The gambling known as business looks with austere disfavor upon the business known as gambling.

 

ビジネスとして知られるギャンブルは、ギャンブルと知られるビジネスに厳しい嫌悪を抱いている。




Calamities are of two kinds: misfortunes to ourselves, and good fortune to others.

 

災難には二種類ある。すなわち、自身への不運と、他人への幸運である。




Doubt is the father of invention.

 

疑いは発明の父だ。




Success is the one unpardonable sin against our fellows.

 

成功は、仲間に対する唯一の許しがたい罪である。




We submit to the majority because we have to. But we are not compelled to call our attitude of subjection a posture of respect.

 

我々は、やむなく多数派を受け入れる。しかし、我々の服従の態度を尊敬の姿勢と呼ぶことを強いられてはいない。



 

     3