「エリック・ホッファー」の名言

エリック・ホッファーの名言


エリック・ホッファー

The urge to escape our real self is also an urge to escape the rational and the obvious.

 

本当の自分から逃れようとする衝動は、合理的で明白なものから逃れようとする衝動でもある。



    




The rule seems to be that those who find difficulty in deceiving themselves are easily deceived by others. They are easily persuaded and led.

 

自らを騙すことが難しい者は、他者から騙されやすいというのがルールであるようだ。彼らは簡単に説得され、連れて行かれるのである。



    




The opposite of the religious fanatic is not the fanatical atheist but the gentle cynic who cares not whether there is a god or not.

 

狂信的な宗教の信者の反対というのは熱狂的な無神論者ではなく、神がいるかどうかを気にしない穏やかな皮肉屋である。



    




Mass movements can rise and spread without belief in a God, but never without belief in a devil.

 

大衆運動というのは神を信じることなしに起こりまた広がり得るが、悪魔を信じることなしには無理だ。



    




Passionate hatred can give meaning and purpose to an empty life.

 

情熱的な憎悪は、空虚な生に意味と目的を与えることができる。



    




People haunted by the purposelessness of their lives try to find a new content not only by dedicating themselves to a holy cause but also by nursing a fanatical grievance.

 

人生の目的のなさに取り憑かれた人々は、聖なる大義に身を捧げることのみならず、熱狂的な不満を抱くことによって新たな意義を見出そうとするのである。



    




We tend today to exaggerate the effectiveness of persuasion as a means of inculcating opinion and shaping behavior.

 

今日我々には、意見を吹き込み行動を形成する手段としての説得の効果を誇張する傾向がある。



    




     3              10 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ