「エリック・ホッファー」の名言

エリック・ホッファーの名言


エリック・ホッファー

Charlatanism of some degree is indispensable to effective leadership. There can be no mass movement without some deliberate misrepresentation of facts.

 

効果的なリーダーシップには、ある程度のイカサマが不可欠である。いくらかの意図的な事実の虚偽表示なしには、大衆運動はあり得ないのだ。



    




To the frustrated, freedom from responsibility is more attractive than freedom from restraint.

 

不満を抱えた者にとっては、拘束からの解放よりも責任からの解放の方が魅力的なものだ。



    




The gifted propagandist brings to a boil ideas and passions already simmering in the minds of his hearers. he echoes their innermost feelings.

 

才能のある伝道師は、聞き手の心の中ですでに燻っている考えや情熱を沸騰させる。彼は彼らの心の奥底にある感情に同調するのだ。



    




Self-contempt, however vague, sharpens our eyes for the imperfections of others.

 

自己卑下というのは、たとえ曖昧ではあっても、他者の不完全さへの我々の目を鋭くするものだ。



    




True loyalty between individuals is possible only in a loose and relatively free society.

 

個人間での本当の意味での絆というのは、緩くまた比較的自由な社会においてのみ可能なものである。



    




A movement is pioneered by men of words, materialized by fanatics, and consolidated by men of action.

 

運動というのは口舌の徒によって先駆けられ、狂信者によって具現化され、行動家によって確立されるのである。



    




It is startling to realize that what we call extreme self - seeking is actually self - renunciation.

 

我々が極度の自己探求と呼んでいるものが、実際には自己放棄であることに気づくのは驚くべきことだ。



    




       4            10 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ