「エーリヒ・フロム」の名言

エーリヒ・フロムの名言


エーリヒ・フロム

[1900.3.23 - 1980.3.18]

ドイツの社会心理学、精神分析、哲学の研究者。新フロイト派の創始者の一人。著書は『自由からの逃走』『夢の精神分析 忘れられた言語』『人間における自由』『精神分析と宗教』『正気の社会』『愛するということ』『革命的人間』『悪について』『社会主義・ヒューマニズム』『よりよく生きるということ』等。

 



 

Modern man thinks he loses something - time - when he does not do things quickly. Yet he does not know what to do with the time he gains - except kill it.

 

現代人は、ものごとを急いでしないと、何か、つまり、時間を損したような気持ちになる。しかし、時間つぶし以外には、浮かせた時間をどう使っていいのかは分からないのである。


(タグ:時間



    




Is love an art? Then it requires knowledge and effort.

 

愛とは、一種の技術であろうか。だとすれば、知識や努力が求められることになろう。


(タグ: 知識



    




The ability to be alone is the condition for the ability to love.

 

独りでいられる能力は、愛する能力の条件である。


(タグ: 孤独



    




Only the person who has faith in himself is able to be faithful to others.

 

自らを信頼している者だけが、他人を信頼することができる。


(タグ:自分



    




Man is born as a freak of nature, being within nature and yet transcending it.

 

人間は自然の変種として誕生し、自然の中にありながら、それを超越しつつあるのだ。


(タグ:人間 誕生 自然



    


 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 



The successful revolutionary is a statesman, the unsuccessful one a criminal.

 

成功した革命家は政治家であり、失敗したそれは犯罪者である。


(タグ:政治 犯罪 革命 失敗



    




The quest for certainty blocks the search for meaning. Uncertainty is the very condition to impel man to unfold his powers.

 

確実性の追求は、意味の探求を妨げるものだ。不確実性こそは、力を押し広げることに人間を駆り立てる条件なのである。


(タグ:人間



    




Care and responsibility are constituent elements of love, but without respect for and knowledge of the beloved person, love deteriorates into domination and possessiveness.

 

配慮と責任とは愛の構成要素であるのだが、愛する者への尊敬や自覚がなくては、愛は支配や独占へと損なわれてしまうのだ。


(タグ: 責任 支配



    




Man's main task in life is to give birth to himself, to become what he potentially is.

 

人生における主たる課題というのは、自分自身を生み出すことであり、潜在的な自分自身になることである。


(タグ:人間 誕生



    




To die is poignantly bitter, but the idea of having to die without having lived is unbearable.

 

死ぬことは痛烈に辛いことだが、生きることなしに死なねばならぬという考えは耐え難いものだ。


(タグ: 人生



    




1 - 10 / 15件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ