「フローレンス・ナイチンゲール」の名言

フローレンス・ナイチンゲールの名言


フローレンス・ナイチンゲール

[1820.5.12 - 1910.8.13]

イギリスの看護婦、社会起業家、統計学者、看護教育学者。病院および医療制度を改革者し、「近代看護教育の母」と呼ばれる。著書は『ナイチンゲール言葉集―看護への遺産 』『ナイチンゲール書簡集』『看護覚え書―対訳』等。

 



 

I think one's feelings waste themselves in words; they ought all to be distilled into actions which bring results.

 

人の思いは、言葉に変わることで無駄にされているように、私には思える。それらは皆、結果をもたらす行動に変わるべきものなのだ。


(タグ:行動 言葉



    




How very little can be done under the spirit of fear.

 

恐れを抱いた心では、何と小さいことしかできないことか。


(タグ:恐れ



    




Law is the continuous manifestation of God's presence — not reason for believing him absent.

 

法というのは、神の存在の継続的な明示であり、その不在を信じる理由とはならない。


(タグ: 継続 



    




To understand God's thoughts we must study statistics, for these are the measure of His purpose.

 

神の意志を理解するためには、統計を学ぶ必要がある。なぜなら、それは神の目的の尺度であるから。


(タグ: 目的 理解



    




1 - 4 / 4件

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ