「フリードリヒ・ニーチェ」の名言

フリードリヒ・ニーチェの名言


フリードリヒ・ニーチェ

Life is, after all, not a product of morality.

 

結局のところ、人生というのは道徳の産物ではないのだ。



    




Most men are too concerned with themselves to be malicious.

 

ほとんどの者は、悪質であるのには、自らに関心がありすぎるのである。



    




He who humbleth himself wants to be exalted.

 

謙虚な気持ちを持つ者というのは、称賛されることを望んでいるのだ。



    




We often contradict an opinion for no other reason than that we do not like the tone in which it is expressed.

 

我々はしばしば、その表現の調子が好きではないというだけの理由で意見に反対するのである。



    




Arrogance on the part of the meritorious is even more offensive to us than the arrogance of those without merit: for merit itself is offensive.

 

功績ある者の尊大さは、功績なき者のそれより不快である。なぜなら、功績とはそれ自体が不快であるからだ。



    




The advantage of a bad memory is that one can enjoy the same good things for the first time several times.

 

物覚えが悪いことの利点は、同じことを初めてのことのように何度も楽しめるということである。



    




Forgetting our intentions is the most frequent of all acts of stupidity.

 

意図を忘れるというのは、愚かな行いの中でもっとも頻繁に起こることである。



    




       4