「ヘルベルト・マルクーゼ」の名言

ヘルベルト・マルクーゼの名言


ヘルベルト・マルクーゼ

Solitude, the very condition which sustained the individual against and beyond his society, has become technically impossible.

 

個人を社会に対峙、あるいは超越せしめていたまさにその条件であるところの孤独は、厳密に言えば不可能なものとなってきている。



    




The world of immediate experience — the world in which we find ourselves living — must be comprehended, transformed, even subverted in order to become that which it really is.

 

我々が生きていることに気づく世界である直接経験の世界は、現実となるためには、理解され、変容され、打ち破られさえしなければならない。



    




If man has learned to see and know what really is, he will act in accordance with truth, Epistemology is in itself ethics, and ethics is epistemology.

 

現実であるところのものを見て知ることを学んだならば、人は真実に従い行動をするだろう。つまり認識論とは、それ自体が倫理であり、また倫理とは認識論なのである。



    




The liberating force of technology—the instrumentalization of things—turns into … the instrumentalization of man.

 

テクノロジーの解放する力、すなわち事物の道具化は、人間の道具化へと変わるのである。



    




Those who devote their lives to earning a living are incapable of living a human existence.

 

生計を立てることのために人生を捧げる者は、人間として生きることができない。



    




The truth of art lies in its power to break the monopoly of established reality to define what is real.

 

芸術の真実とは、現実とは何かを定義している確立された現実の独占を打ち砕く力そのものに存する。



    




The so-called consumer economy and the politics of corporate capitalism have created a second nature of man which ties him libidinally and aggressively to the commodity form.

 

いわゆる消費者経済と企業資本主義の政治は、本能的かつ積極的に商品の形態に自らを結びつけるという人間の第二の特性を作り出したのである。



    




   2