「イワン・ツルゲーネフ」の名言

イワン・ツルゲーネフの名言


イワン・ツルゲーネフ

Every man's happiness is built on the unhappiness of another.

 

人の幸福はすべて、他の人の不幸の上に築かれている。



    




If we wait for the moment when everything, absolutely everything is ready, we shall never begin.

 

すべてが完璧に準備された瞬間を待っていたのでは、我々は決して何も始めることができないだろう。



    




We sit in the mud, my friend, and reach for the stars.

 

友よ、我らは泥の中にいるが、星に手を伸ばすのである。



    




Nothing is worse and more hurtful than a happiness that comes too late. It can give no pleasure, yet it deprives you of that most precious of rights - the right to swear and curse at your fate!

 

手遅れの幸福ほど悪く、有害なものはない。それは喜びを与えないだけでなく、もっとも大切な権利、つまり運命を誓い、呪う権利を奪うのである。



    




I don't see why it's impossible to express everything that's on one's mind.

 

人の心にあるすべてを表現するのが不可能である理由が、私には分からないのだ。



    




So many memories and so little worth remembering, and in front of me — a long, long road without a goal...

 

あまりに多くの思い出があり、思い返すにはあまりに及ばない。私の前には、目的地のない長い長い道がある。



    




O youth! youth! you go your way heedless, uncaring – as if you owned all the treasures of the world.

 

おお、若さよ。世界中の宝を手にしたかのように、無頓着で、思いやりなく、自らの道を行くものよ。



    




<  1