「マルセル・プルースト」の名言

マルセル・プルーストの名言


マルセル・プルースト

Happiness is beneficial for the body but it is grief that develops the powers of the mind.

 

幸福は体には有益だが、しかし精神の力を成長させるのは悲しみなのである。



    




Love is a striking example of how little reality means to us.

 

愛は、我々にとって現実がいかに小さな意味しか持たないかを示す特筆すべき例である。



    




All our final decisions are made in a state of mind that is not going to last.

 

我々の最終的な決定というのはすべて、長続きしない心の状態でなされるものなのだ。



    




Our desires cut across one another, and in this confused existence it is rare for happiness to coincide with the desire that clamoured for it.

 

我々の欲望は互いに交差し合い、この混乱した存在においては、幸福がそれを求めて騒ぎ立てる欲望と一致することは稀なのだ。



    




Desire makes everything blossom: possession makes everything wither and fade.

 

欲望はすべてを咲き誇らせ、所有はすべてを萎れ、衰えさせる。



    




   2  >