「オスカー・ワイルド」の名言

オスカー・ワイルドの名言

オスカー・ワイルド


Work is the refuge of people who have nothing better to do.

 

仕事とは、他にするがない人々の逃避所である。



    




The aim of life is self-development. To realize one's nature perfectly - that is what each of us is here for.

 

人生の目的は、自己啓発である。自らの本性を完全に認識すること、それが我々一人一人がここにいる理由である。



    




The best way to make children good is to make them happy.

 

良き子に育てる最善の方法は、幸せにしてやることだ。



    




To love oneself is the beginning of a life-long romance.

 

自分を愛するというのは、一生続くロマンスの始まりだ。



    




Experience is the name every one gives to their mistakes.

 

経験とは、皆が失敗につける名前のことだ。



    




There is no such thing as a moral or an immoral book. Books are well written, or badly written. That is all.

 

道徳的な本とか、非道徳的な本とかはない。本はよく書けているか、まずいかだ。それだけのことだ。



    




You cannot be too careful in the choice of your enemies.

 

敵を選ぶときには、いくら注意しても注意しすぎるということはない。



    



<  1