「エドマンド・バーク」の名言

エドマンド・バークの名言


エドマンド・バーク

Never despair. But if you do, work on in despair.

 

絶望するな。たとえ絶望したとしても、絶望のうちに働き続けろ。



    




Abstract liberty, like other mere abstractions, is not to be found.

 

抽象的な自由は、他の単なる抽象と同じく、存在しないのだ。



    




Beauty in distress is much the most affecting beauty.

 

悩み苦しむ美こそ、最も感動的な美である。



    




Those who have been once intoxicated with power, and have derived any kind of emolument from it, even though but for one year, never can willingly abandon it.

 

一度でも権力に酔いしれ、権力から甘い汁を吸ったことのある者は、たとえそれが一年という短い間だったとしても、進んでそれを捨てることはできないものだ。



    




Well is it known that ambition can creep as well as soar.

 

野心が飛翔もすれば這い回りもすることは、よく知られたところである。



    




There is a limit at which forbearance ceases to be a virtue.

 

寛容が美徳でなくなる限界というものがあるものだ。



    




It is a general popular error to suppose the loudest complainers for the public to be the most anxious for its welfare.

 

公共のためにもっとも喧しく文句を言う者が、もっとも公共の福祉を危ぶんでいると考えるのは、一般的でありふれた誤りである。



    




<  1