「エリック・ホッファー」の名言

エリック・ホッファーの名言


エリック・ホッファー

The poor on the borderline of starvation live purposeful lives. To be engaged in a desperate struggle for food and shelter is to be wholly free from a sense of futility.

 

飢餓の境界線上にある貧者は、目的を持ってその生を生きる。食べ物と住処のために必死に努力をすることは、無力感からの完全な解放となるのだ。



    




Unless a man has talents to make something of himself, freedom is an irksome burden.

 

名を立てることのできぬ者にとっては、自由というのは厄介な重荷なのである。



    




They who clamor loudest for freedom are often the ones least likely to be happy in a free society.

 

自由を最も声高に叫ぶのは、自由な社会において幸せになる可能性がもっとも低い者たちであることがしばしばである。



    




Where freedom is real, equality is the passion of the masses. Where equality is real, freedom is the passion of a small minority.

 

自由が現実であるところでは、平等は大衆の情熱である。平等が現実であるところでは、自由は少数派の情熱である。



    




We are ready to sacrifice our true, transitory self for the imaginary eternal self we are building up, by our heroic deeds, in the opinion and imagination of others.

 

英雄的な行為によって他者の意見や想像の中に築き上げようとしている想像上の永遠な自我のために我々は、実際の無常なる自我を犠牲にする準備があるのだ。



    




It is startling to realize how much unbelief is necessary to make belief possible. What we know as blind faith is sustained by innumerable unbeliefs.

 

信念を可能にするために、どれだけの不信が必要であるかを思うと驚かされる。我々が盲信として知っているものは、無数の不信によって支えられているのである。



    




We can be absolutely certain only about things we do not understand. A doctrine that is understood is shorn of its strength.

 

我々は理解していないものにのみ、絶対的な確信を持つことができる。理解された教義というのは、その力を奪われているのである。



    




   2                10 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ