「ハンス・クリスチャン・アンデルセン」の名言

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの名言

ハンス・クリスチャン・アンデルセン


Every man's life is a fairly-tale written by God's finger.

 

すべての人間の一生は、神の御手によって記された、一編のおとぎ話である。




To travel is to live.

 

旅することは生きることだ。




To be of use to the world is the only way to be happy.

 

世の中の役に立つことが、幸せになるための唯一の方法だ。




My life will be the best illustration of all my work.

 

私の人生は、私のすべての作品の最高の実例となるだろう。




Shouldn't all of us on earth give the best we have to others and offer whatever is in our power?

 

地球にいる我々の誰もが、持てるものの最高を人に与え、掌中にある何をも差し出すべきではないだろうか。




Travelling expands the mind rarely.

 

旅行によって視野が広がることは稀である。




It is only with the heart that one can see clearly, for the most essential things are invisible to the eye.

 

大事なことは目には見えないため、さやかに見るには心をもってするしかない。



 

<  1