「ミシェル・ド・モンテーニュ」の名言

ミシェル・ド・モンテーニュの名言


ミシェル・ド・モンテーニュ

A good marriage would be between a blind wife and a deaf husband.

 

すばらしい結婚は、盲目の妻と、耳の不自由な夫の間で生まれる。



    




Marriage is like a cage; one sees the birds outside desperate to get in, and those inside equally desperate to get out.

 

結婚は鳥かごに似ている。外にいる鳥は必死で中に入ろうとするし、中にいる鳥は必死で外へ出ようとする。



    




The greatest thing in the world is to know how to be self-sufficient.

 

世界で最も偉大なことは、自ら足ることを知るということである。



    




We are, I know not how, double in ourselves, so that what we believe we disbelieve, and cannot rid ourselves of what we condemn.

 

なぜ我々が二重になっているか分からないのだが、それによって我々は信じているものを信じていないのだし、咎めるものから逃れることができないのだ。



    




I want to be seen here in my simple, natural, ordinary fashion, without straining or artifice; for it is myself that I portray...I am myself the matter of my book.

 

私は技巧を凝らさず、素朴で自然ないつもどおりの姿の私を見てもらいたい。なぜなら私が描くのは、私自身であるからだ。私自身が、私の本の主題なのである。



    




As for extraordinary things, all the provision in the world would not suffice.

 

並外れた事どもには、世のどんな備えも十分ではあるまい。



    




Things are not bad in themselves, but our cowardice makes them so.

 

ものごとというのは、それ自体では悪いものではないが、我々の臆病さがそうさせているのである。



    




<  1