「オリヴァー・ゴールドスミス」の名言

オリヴァー・ゴールドスミスの名言


オリヴァー・ゴールドスミス

A man who leaves home to mend himself and others is a philosopher; but he who goes from country to country, guided by the blind impulse of curiosity, is a vagabond.

 

家を去り、自身や他人を癒す者は哲学者である。しかし、盲目的な好奇心の衝動で国から国へと移りゆく者は、流れ者にすぎない。



    




Pity and friendship are two passions incompatible with each other.

 

同情と友情とは、互いに両立し得ない二つの情である。



    




All that a husband or wife really wants is to be pitied a little, praised a little, and appreciated a little.

 

夫や妻が本当に望んでいるのは、ただ少しだけ労られ、褒められ、理解されることである。



    




The best way to make your audience laugh is to start laughing yourself.

 

観客を笑わせる最善の方法は、自ら笑い出すことだ。



    




There are some faults so nearly allied to excellence that we can scarce weed out the vice without eradicating the virtue.

 

いくつかの短所はあまりに長所と深く関連しているため、美徳を絶やすことなしに悪徳を一掃することはほぼ不可能だ。



    




People seldom improve when they have no other model but themselves to copy.

 

真似できる模範がない場合、人は改善ということをめったにしないものである。



    




You can preach a better sermon with your life than with your lips.

 

口でするより人生によって、よりよい説教というのはできるものだ。



    




   2