英語名言ドットコム

今日の名言(2024/6/18)

T・S・エリオット

 

We don't actually fear death, we fear that no one will notice our absence, that we will disappear without a trace.

T. S. Eliot

 

我々は実際には、死を恐れてなどいない。我々は、自らの不在に誰も気付かないということを恐れ、跡形もなく消え去るということを恐れているのだ。

T・S・エリオット

 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 

ツイッターのボット

twittericon

英語の名言をつぶやくツイッターのボットを作成しました。

 

ボットというのは、自動的につぶやくロボットのことです。

 

1時間に1回、英語の名言と訳文をつぶやきます。

 

よろしければ、フォローしてやってください。

 

http://twitter.com/eigomeigen/

 

名言のYouTube動画

youtubeicon

YouTubeで、名言動画のチャンネルを開設しました。

 

こちらは日本語のみですが、名言を厳選して紹介しております。

 

随時、追加予定です。

 

よろしければ、「いいね」や「チャンネル登録」をお願い致します。

 

https://www.youtube.com/@user-vx5lw5cp4v

最近追加された名言

2024-06-15


It seems to me what is called for is an exquisite balance between two conflicting needs: the most skeptical scrutiny of all hypotheses that are served up to us and at the same time a great openness to new ideas.

Carl Sagan

 

必要なのは二つの相反するニーズについての絶妙なバランスなのだと、私には思える。つまり、我々に示されるあらゆる仮説をもっとも懐疑的に精査することと、同時に新しいアイデアに対して極めてオープンであることだ。

カール・セーガン



2024-06-15


We live in a society absolutely dependent on science and technology and yet have cleverly arranged things so that almost no one understands science and technology. That's a clear prescription for disaster.

Carl Sagan

 

我々は科学技術に絶対的に依存した社会に生きているのだが、科学技術を理解する者がほとんどいないように、物事は巧妙に仕組まれている。これは明らかに、大惨事への処方箋である。

カール・セーガン



2024-06-15


Not explaining science seems to me perverse. When you're in love, you want to tell the world.

Carl Sagan

 

科学について説き示すことをしないのは、おかしなことのように思える。恋をしているときには、世に伝えたくなるものだ。

カール・セーガン



2024-06-15


Science is much more than a body of knowledge. It is a way of thinking. This is central to its success. Science invites us to let the facts in, even when they don't conform to our preconceptions.

Carl Sagan

 

科学は単なる知識の体系ではない。それは思考の方法である。これこそが科学の成功の核心だ。たとえ我々の先入観にそぐわないものであっても、科学は事実を受け入れるよう我々を促すのである。

カール・セーガン



2024-06-15


Science is a way of skeptically interrogating the universe with a fine understanding of human fallibility.

Carl Sagan

 

科学とは人間の誤謬性をよく理解したうえで、宇宙を懐疑的に質す方法である。

カール・セーガン