「アニータ・ブルックナー」の名言

アニータ・ブルックナーの名言

アニータ・ブルックナー


Time misspent in youth is sometimes all the freedom one ever has.

 

若い頃に無駄に過ごした時間が、人生で唯一の自由であるかもしれない。




Writing has freed me from the despair of living.

 

書くことは、私を生きることの絶望から開放した。




I suppose what one wants really is ideal company and books are ideal company.

 

人が本当に求めているのは理想的な仲間であり、本は理想的な仲間なのだ。




Existentialism is about being a saint without God; being your own hero, without all the sanction and support of religion or society.

 

実存主義とは、神なしで聖人であることだ。つまり宗教や社会の承認も支援もなしに、自らの英雄であることだ。




For once a thing is known, it can never be unknown. It can only be forgotten.

 

ひとたび知られるところとなったなら、けっして見知らぬものとはなりえない。それはただ忘れ去られるしかないのだ。




It is best to marry for purely selfish reasons.

 

純粋に利己的な理由で結婚するのが最善である。




No blame should attach to telling the truth. But it does, it does.

 

真実を告げることによって責められるべきではない。しかし、そうされる。そうされるのだ。



 

<  1