「アニータ・ブルックナー」の名言

アニータ・ブルックナーの名言


アニータ・ブルックナー

[1928.7.16 - 2016.3.10]

イギリス人小説家、美術史家。著書は『秋のホテル』『結婚式の写真』『英国の友人』『異国の秋』『嘘』『招く女たち』『ある人生の門出』『アニタ・ブルックナー 孤独のプリズム』等。

 



 

Time misspent in youth is sometimes all the freedom one ever has.

 

若い頃に無駄に過ごした時間が、人生で唯一の自由であるかもしれない。


(タグ:自由 若さ



    




Writing has freed me from the despair of living.

 

書くことは、私を生きることの絶望から開放した。


(タグ:執筆



    




I suppose what one wants really is ideal company and books are ideal company.

 

人が本当に求めているのは理想的な仲間であり、本は理想的な仲間なのだ。


(タグ:



    




Existentialism is about being a saint without God; being your own hero, without all the sanction and support of religion or society.

 

実存主義とは、神なしで聖人であることだ。つまり宗教や社会の承認も支援もなしに、自らの英雄であることだ。


(タグ:主義 英雄 宗教 社会



    




For once a thing is known, it can never be unknown. It can only be forgotten.

 

ひとたび知られるところとなったなら、けっして見知らぬものとはなりえない。それはただ忘れ去られるしかないのだ。



    




It is best to marry for purely selfish reasons.

 

純粋に利己的な理由で結婚するのが最善である。


(タグ:結婚



    




No blame should attach to telling the truth. But it does, it does.

 

真実を告げることによって責められるべきではない。しかし、そうされる。そうされるのだ。


(タグ:真実



    




All good fortune is a gift of the gods, and you don't win the favor of the ancient gods by being good, but by being bold.

 

あらゆる幸運は、神の贈り物であり、善良であることによってではなく、大胆であることによって古代の神々の好意は得られるのである。


(タグ:



    




You never know what you will learn till you start writing. Then you discover truths you never knew existed.

 

書き始めるまで、あなたは学ぶべきものを知ることはない。そして、存在することさえ知らなかった真実を発見するのだ。


(タグ:執筆 学び



    




Old men should have more care to end life well than to live long.

 

老人たちは長生きすることよりも、人生をうまく終えることに注意を払うべきだ。


(タグ:老い 人生  終わり



    




1 - 10 / 10件

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 

 

年間100冊本を読む、(速読ではない)方法は、コチラ