「チャールズ・ディケンズ」の名言

チャールズ・ディケンズの名言


チャールズ・ディケンズ

[1812.2.7 - 1870.6.9]

ヴィクトリア朝時代を代表するイギリスの小説家。貧しい人々の目線から社会を風刺し、ユーモアとペーソス、正義感をもって描いた作品で国民的な名声を博した。著書は『オリバー・ツイスト』『ニコラス・ニクルビー』『リトル・ドリット』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』等。

 



 

There are books of which the backs and covers are by far the best parts.

 

本の背表紙やカバーの方がずっと良い本があるものだ。


(タグ:



    




Have a heart that never hardens, and a temper that never tires, and a touch that never hurts.

 

決して頑なにならない心を持ち、決して疲れない気質を持ち、決して傷つけない手を持ち給え。


(タグ:



    




The most important thing in life is to stop saying 'I wish' and start saying 'I will.' Consider nothing impossible, then treat possiblities as probabilities.

 

人生でもっとも大事なことは、「私は望む」と言うのをやめて、「私はする」と言うことだ。何も不可能ではないと考え、可能性を確率として扱い給え。


(タグ:人生 可能性 重要性



    




The world belongs to those who set out to conquer it armed with self confidence and good humour.

 

世界は、自信とユーモアで武装し、征服せんとする人間のものだ。


(タグ:世界



    




My advice is to never do tomorrow what you can do today. Procrastination is the thief of time.

 

私の助言は、今日できることを決して明日にしないことだ。先延ばしは、時間泥棒である。



    




The worst of all listeners is the man who does nothing but listen.

 

あらゆる聞き手の中で最悪なのが、ただ聞くだけの人だ。



    




Remembrance, like a candle, burns brightest at Christmastime.

 

思い出はロウソクのように、クリスマスに一番明るく燃える。



    




Remember, to the last, that while there is life there is hope.

 

命があるかぎり望みがあることを、最後まで忘れるな。


(タグ:希望



    




If there were no bad people, there would be no good lawyers.

 

悪い人間がいなければ、良い弁護士もいないことになる。


(タグ:



    




Every failure teaches a man something, if he will learn.

 

あらゆる失敗は、もし学ぶつもりがあるなら、人に何かを教えるものだ。


(タグ:失敗 学び 教え



    




1 - 10 / 17件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 

 

年間100冊本を読む、(速読ではない)方法は、コチラ