「エミリー・ディキンソン」の名言

エミリー・ディキンソンの名言


エミリー・ディキンソン

[1830.12.10 - 1886.5.15]

アメリカの詩人。生前はほぼ無名だったが死後に評価を受け、アメリカでもっとも重要な詩人の一人とされた。訳書は『自然と愛と孤独と 詩集』『愛があるとしたら』『エミリの窓から』『色のない虹 対訳エミリー・ディキンスン詩集』『対訳ディキンソン詩集』『エミリィ・ディキンスン詩集』等。

 



 

My friends are my estate. Forgive me then the avarice to hoard them.

 

友人は、私の財産。だから、貯め込もうとする貪欲さは見逃してほしい。


(タグ: 欲望



    




If I can stop one heart from breaking, I shall not live in vain.

 

もし誰かの心が壊れるのを止められるのなら、私は無駄に生きているのではないだろう。


(タグ: 人生



    




I never spoke with God, or visited in heaven; Yet certain am I of the spot As if the chart were given.

 

神と話したこともなければ、天国に行ったこともない。それでも、地図を与えられたかのように、その地を確信している。


(タグ: 与え 天国



    




Forever is composed of nows.

 

永遠は、いくつもの今でできている。


(タグ:永遠



    




Success is counted sweetest By those who ne'er succeed.

 

成功は、決して成功しない者たちによって、もっとも甘美なものと見なされる。


(タグ:成功



    



 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 



That it will never come again is what makes life so sweet.

 

二度とは戻って来ないということが、人生をいとも甘美なものにする。


(タグ:人生



    




Not knowing when the Dawn will come, I open every Door.

 

夜明けがいつ訪れるか分からないから、私はすべての扉を開く。



    




Saying nothing sometimes says the most.

 

何も語らぬことがときに、もっとも多くを語る。



    




I dwell in possibility.

 

私は可能性の中に住んでいる。


(タグ:可能性



    




To live is so startling it leaves little time for anything else.

 

生きることは驚くべきことで、他のことをする時間がほとんどないほどだ。


(タグ:芸術



    




1 - 10 / 12件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ