「ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル」の名言

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの名言


ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル

What experience and history teach is this — that nations and governments have never learned anything from history, or acted upon any lessons they might have drawn from it.

 

経験と歴史が教えるのは、国民と政府が歴史から何かを学んだことも、そこから得られる教訓に従って行動したことも決してないということである。



    




To be aware of limitations is already to be beyond them.

 

限界に気づくことは、すでにそれを超えているということだ。



    




Philosophy is by its nature something esoteric, neither made for the mob nor capable of being prepared for the mob.

 

哲学というのは本質的に難解なものであり、群衆のために作られたものでも、群衆のために用意されたものでもない。



    




What is reasonable is real; that which is real is reasonable.

 

合理的なものは現実的であり、また現実的であるものは合理的である。



    




Any idea is a generalization, and generalization is a property of thinking. To generalize something means to think it.

 

あらゆる思考は一般化であり、一般化というのは思考の特性である。何かを一般化することは、それを思考することを意味するのである。



    




The owl of Minerva first begins her flight with the onset of dusk.

 

ミネルヴァのフクロウはまず、黄昏の始まりとともに飛び立つ。



    




The person must give himself an external sphere of freedom in order to have being as Idea.

 

人は思考として存在するためには、自らに自由の外の領域を与えねばならない。



    




<  1     

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ