「イワン・ツルゲーネフ」の名言

イワン・ツルゲーネフの名言


イワン・ツルゲーネフ

[1818.11.9 - 1883.9.3]

ロシアの小説家、劇作家、貴族。『父と子』は19世紀の主要な作品の1つと見なされている。その他、著書は『猟人日記』『ルーヂン』『アーシャ』『貴族の巣』『初恋』『その前夜』『煙』『春の水』『処女地』『散文詩』『村のひと月』等。

 



 

Every man's happiness is built on the unhappiness of another.

 

人の幸福はすべて、他の人の不幸の上に築かれている。


(タグ:幸福 他人



    




If we wait for the moment when everything, absolutely everything is ready, we shall never begin.

 

すべてが完璧に準備された瞬間を待っていたのでは、我々は決して何も始めることができないだろう。



    




We sit in the mud, my friend, and reach for the stars.

 

友よ、我らは泥の中にいるが、星に手を伸ばすのである。


(タグ:



    




Nothing is worse and more hurtful than a happiness that comes too late. It can give no pleasure, yet it deprives you of that most precious of rights - the right to swear and curse at your fate!

 

手遅れの幸福ほど悪く、有害なものはない。それは喜びを与えないだけでなく、もっとも大切な権利、つまり運命を誓い、呪う権利を奪うのである。


(タグ:幸福 楽しみ 権利 運命 与え



    




I don't see why it's impossible to express everything that's on one's mind.

 

人の心にあるすべてを表現するのが不可能である理由が、私には分からないのだ。


(タグ:精神 可能性



    



 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 

 

本のセール情報は、コチラ(本日限定)

 



So many memories and so little worth remembering, and in front of me — a long, long road without a goal...

 

あまりに多くの思い出があり、思い返すにはあまりに及ばない。私の前には、目的地のない長い長い道がある。


(タグ:



    




O youth! youth! you go your way heedless, uncaring – as if you owned all the treasures of the world.

 

おお、若さよ。世界中の宝を手にしたかのように、無頓着で、思いやりなく、自らの道を行くものよ。



    




Take for yourself what you can, and don't be ruled by others; to belong to oneself - the whole savour of life lies in that.

 

できることは自ら行い、他人から支配を受けるな。自立するということ、人生の味わいのすべてがその中にあるのだ。


(タグ:自分



    




A person who gets angry at his own illness is sure to overcome it.

 

自らの病に怒れる者は、必ずやそれを克服するのである。


(タグ: 怒り



    




To desire and expect nothing for oneself and to have profound sympathy for others is genuine holiness.

 

自らに何も望まず期待もしないこと、そして他者に心からの思いやりを持つことは、真に高潔なことだ。


(タグ:慈悲 欲望



    




1 - 10 / 14件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ