「ジャン・コクトー」の名言

ジャン・コクトーの名言


ジャン・コクトー

The poet never asks for admiration; he wants to be believed.

 

詩人は、賞賛など求めていない。信じてもらいたいだけだ。



    




The poet is a liar who always speaks the truth.

 

詩人とは、つねに真実を語る嘘つきである。



    




The Louvre is like the morgue; one goes there to identify one's friends.

 

ルーブルは、死体安置所のようなものだ。人は、その友を確認しに出かける。



    




True realism consists in revealing the surprising things which habit keeps covered and prevents us from seeing.

 

真のリアリズムは、習慣が覆い隠し見えなくさせていた予期せぬ事どもを顕にするところに存する。



    




Wealth is an inborn attitude of mind, like poverty. The pauper who has made his pile may flaunt his spoils, but cannot wear them plausibly.

 

富は貧しさと同じく、生まれながらの精神的な態度である。財産を拵えた貧者は、その戦利品を誇示するかも知れないが、もっともらしく身につけることはできないのだ。



    




The day of my birth, my death began its walk. It is walking toward me, without hurrying.

 

私の生まれたその日に、私の死は歩き始めた。急ぐこともなく、それは私の方へと歩いている。



    




One of the characteristics of the dream is that nothing surprises us in it. With no regret, we agree to live in it with strangers, completely cut off from our habits and friends.

 

夢の特徴の一つは、そこでは我々を驚かせるものが何もないということである。夢の中では、我々は残念に思うこともなく、習慣や友たちと完全に切り離され、見知らぬ人々と暮らすことに同意するのだ。



    




<  1