「マルクス・アウレリウス・アントニヌス」の名言

マルクス・アウレリウス・アントニヌスの名言


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

[121.4.26 - 180.3.17]

古代ローマの皇帝で、ストア学派の哲学者。五賢帝の最後、パックス・ロマーナの最後の皇帝である。公務の重責の中、自己との対話をギリシア語で記した『自省録』で知られる。

 



 

There is a sin of omission, not only one of commission.

 

あることをすることによる罪もあるが、しないことによる罪もある。


(タグ:



    




Everything we hear is an opinion, not a fact. Everything we see is a perspective, not the truth.

 

我々が耳にするすべては意見であり、事実ではない。我々が目にするすべては見方であり、真実ではない。


(タグ:真実 事実 意見



    




The happiness of your life depends upon the quality of your thoughts.

 

あなたの人生の幸福は、あなたの考えの質によって決まる。


(タグ:幸福 思考



    




Our life is what our thoughts make it.

 

考えているものが、人生を形作るのである。


(タグ:人生 思考



    




Very little is needed to make a happy life; it is all within yourself in your way of thinking.

 

人生を幸せなものにするのに多くは必要ない。そのすべては、あなたの考え方次第なのだ。


(タグ:幸福 必要



    




If you are distressed by anything external, the pain is not due to the thing itself, but to your estimate of it; and this you have the power to revoke at any moment.

 

外界の何かに苦悩したとしても、痛みはその事柄自体によるのでなく、あなたの価値判断によるものだ。だから、どんなときにも取り去る力があなたにはあるのだ。


(タグ:意見 痛み



    




When you arise in the morning think of what a privilege it is to be alive, to think, to enjoy, to love.

 

朝目覚めたら、生きること、考えること、楽しむこと、愛することの特権について思いを馳せよ。


(タグ:人生 思考 楽しみ 



    




Here is a rule to remember in future, when anything tempts you to feel bitter: not "This is misfortune," but "To bear this worthily is good fortune.

 

今後のために覚えておくべきルールがある。恨めしい思いを抱きそうになったときには、「不運だ」とするのでなく、「これを価値あるものに変えられるのは幸運だ」と考えることである


(タグ: 未来 価値



    




Reject your sense of injury and the injury itself disappears.

 

傷ついた感覚を拒否せよ。そうすれば、傷は自然に消えるだろう。



    




1 - 9 / 9件

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ