「ポール・ヴァレリー」の名言

ポール・ヴァレリーの名言


ポール・ヴァレリー

[1871.10.30 - 1945.7.20]

フランスの詩人、批評家、思想家。経験や教訓といった散文的要素をすべて排した詩である「純粋詩」の理論を確立。著作は『レオナルド・ダ・ヴィンチの方法』『ムッシュー・テスト』『若きパルク』『海辺の墓地』『方法論的制覇』『精神の政治学』『ヴァリエテ Ⅰ~Ⅴ』『エウパリノス・魂と舞踏・樹についての対話』『ドガ ダンス デッサン』等。

 



 

Love is being stupid together.

 

恋とは、二人で一緒に馬鹿になることだ。


(タグ:



    




Poems are never finished - just abandoned.

 

詩は決して仕上げられることがなく、ただ揚棄されるのみである。


(タグ:



    




Politeness is organized indifference.

 

礼儀正しさとは、組織化された無関心である。


(タグ:礼儀



    




The best way to make your dreams come true is to wake up.

 

夢を実現するための最良の方法とは、目を覚ますことだ。


(タグ:



    




Books have the same enemies as people: fire, humidity, animals, weather, and their own content.

 

本には、人と同じ敵がいるものだ。すなわち、火、湿気、獣、天候、そして自らの中身である。


(タグ: 同じさ



    




To see is to forget the name of the thing one sees.

 

見ることは、見るものの名を忘れることだ。



    




Sometime I think; and sometime I am.

 

私は、ときに思考し、ときに存在する。


(タグ:思考



    




To live means to lack something at every moment.

 

生きることとは、絶えず何かが足りないということだ。


(タグ:人生



    




One should be light like a bird, and not like a feather.

 

人というのは、鳥のように軽くあらねばならず、しかし羽のように軽くあってはならぬものだ。



    




The history of thought may be summed up in these words: it is absurd by what it seeks and great by what it finds.

 

思想史は、これらの言葉によって要約できるかもしれぬ。すなわち、それが求めるものにおいて馬鹿げており、見出したものによって偉大である、と。


(タグ:思考 偉大さ 歴史



    




1 - 10 / 20件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 

 

年間100冊本を読む、(速読ではない)方法は、コチラ