「ジョージ・エリオット」の名言

ジョージ・エリオットの名言

ジョージ・エリオット


It's never too late to be who you might have been.

 

あなたがなっていたであろう人になるのに、遅すぎることはない。



    




Blessed is the man who, having nothing to say, abstains from giving us wordy evidence of the fact.

 

何も言うべきことがないときに、それを口で証明するのでなく慎んでいてくれる人というのは、ありがたいものです。



    




Marriage must be a relation either of sympathy or of conquest.

 

結婚とは、共鳴か征服かのいずれかの関係である。



    




Pride helps us; and pride is not a bad thing when it only urges us to hide our own hurts, not to hurt others.

 

誇りは我々の助けになる。誇りは、自らの傷を隠すように、そして他人を傷つけないように促すだけでも悪くないものだ。



    




No man can be wise on an empty stomach.

 

誰も空腹のまま、賢しくはいられない。



    




Animals are such agreeable friends - they ask no questions; they pass no criticisms.

 

動物たちというのは、感じのいい友達だ。彼らは質問をせず、批評をしない。



    




There is a great deal of unmapped country within us.

 

我々の心の中には、たくさんの地図にない国がある。



    



<  1