「アレキサンダー・ポープ」の名言

アレキサンダー・ポープの名言


アレキサンダー・ポープ

The proper study of mankind is man.

 

人間の真の研究対象は人間である。



    




Some praise at morning what they blame at night, But always think the last opinion right.

 

朝にほめたものを夜にはけなす人がいる。しかし、いずれにしても、最後の意見を正しいと考えるのだ。



    




To err is human, to forgive divine.

 

過つは人の性、許すは神の業。



    




At every word a reputation dies.

 

一言口にするたびに、評判は落ちていく。



    




A man should never be ashamed to own he has been in the wrong, which is but saying, in other words, that he is wiser today than he was yesterday.

 

人は間違っていたことを恥じ入るべきではない。それは言い換えるなら、昨日よりも今日はもっと賢いというだけのことだ。



    




He who tells a lie, is not sensible how great a task he undertakes; for he must be forced to invent twenty more to maintain that one.

 

嘘を吐く者は、どれほど大きな課題に手を付けたかに気づいていない。一つの嘘を吐き通すために、さらに二十もの嘘を作り出さねばならなくなるからだ。



    




Some people will never learn anything, because they understand everything too soon.

 

あらゆることをすぐに理解しすぎて、決して何も学ばない者がいるものだ。



    




<  1