「ブレーズ・パスカル」の名言

ブレーズ・パスカルの名言


ブレーズ・パスカル

Man is no more than a reed, the weakest in nature. But he is a thinking reed.

 

人間は自然界の中でもっとも弱い葦にすぎない。だが、考える葦である。



    




The last thing one discovers in composing a work is what to put first.

 

作品を作る際に最後に見出すのは、何を最初に据えるかだ。



    




The strength of a man's virtue should not be measured by his special exertions, but by his habitual acts.

 

人の徳の力は、その特別な奮闘によるのでなしに、習慣的な行いによって測られるべきものである。



    




In faith there is enough light for those who want to believe and enough shadows to blind those who don't.

 

信念においては、信じたいと望む者には十分な光があり、信じたくないと望む者には十分な影がある。



    




People almost invariably arrive at their beliefs not on the basis of proof but on the basis of what they find attractive.

 

人々はほぼ常に、証拠ではなく魅力的と感じるところに基づき信念へと至る。



    




The best books are those, which those who read them believe they themselves could have written.

 

最良の本とは、読んだ者が自分でも書けたと信じるような本である。



    




The mind must not be forced.

 

心は、強いられてはならぬ。



    




<  1