「エドマンド・バーク」の名言

エドマンド・バークの名言


エドマンド・バーク

[1729.1.12 - 1797.7.9]

アイルランド生まれのイギリスの政治思想家、哲学者、政治家。「保守思想の父」として知られる。著書は『フランス革命についての省察』『崇高と美の観念の起原』『現代の不満と原因』『アメリカ論 ブリストル演説』『バーク政治経済論集 保守主義の精神』『穀物不足にかんする思索と詳論』『自然社会の擁護』等。

 



 

Never despair. But if you do, work on in despair.

 

絶望するな。たとえ絶望したとしても、絶望のうちに働き続けろ。


(タグ:態度 継続 仕事



    




Abstract liberty, like other mere abstractions, is not to be found.

 

抽象的な自由は、他の単なる抽象と同じく、存在しないのだ。


(タグ:自由



    




Beauty in distress is much the most affecting beauty.

 

悩み苦しむ美こそ、最も感動的な美である。


(タグ:



    




Those who have been once intoxicated with power, and have derived any kind of emolument from it, even though but for one year, never can willingly abandon it.

 

一度でも権力に酔いしれ、権力から甘い汁を吸ったことのある者は、たとえそれが一年という短い間だったとしても、進んでそれを捨てることはできないものだ。


(タグ:権力



    




Well is it known that ambition can creep as well as soar.

 

野心が飛翔もすれば這い回りもすることは、よく知られたところである。


(タグ:野心



    



 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 



There is a limit at which forbearance ceases to be a virtue.

 

寛容が美徳でなくなる限界というものがあるものだ。


(タグ:美徳



    




It is a general popular error to suppose the loudest complainers for the public to be the most anxious for its welfare.

 

公共のためにもっとも喧しく文句を言う者が、もっとも公共の福祉を危ぶんでいると考えるのは、一般的でありふれた誤りである。


(タグ:誤り



    




Whenever a separation is made between liberty and justice is, neither, in my opinion, safe.

 

自由と正義が分離されるときにはいつでも、私の考えではつまり、どちらも安全ではないのだ。


(タグ:自由 正義 意見



    




We must all obey the great law of change. It is the most powerful law of nature, and the means perhaps of its conservation.

 

我々は誰も、偉大なる変化の法に従わねばならぬ。それは自然のもっとも強力な法であり、おそらくはまたその保全の手段でもあるものだ。


(タグ:変化  自然 偉大さ



    




Early and provident fear is the mother of safety.

 

早く用心深い恐れは、安全の母である。


(タグ:恐れ



    




1 - 10 / 47件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ