「フランツ・カフカ」の名言

フランツ・カフカの名言


フランツ・カフカ

[1883.7.3 - 1924.6.3]

プラハ生まれのユダヤ系ドイツ語作家。生前はほぼ無名だったが、死後に友人マックス・ブロートの手により遺稿が発表され、人間疎外、罪悪感、実存的不安、不条理を思わせる作風で世界的なブームを巻き起こし、現在では20世紀の文学を代表する作家と見なされている。著書は『変身』『城』『審判』『断食芸人』『流刑地にて』『田舎医者』『火夫』『観察』『万里の長城』『判決』『アメリカ』等。

 



 

Many a book is like a key to unknown chambers within the castle of one’s own self.

 

多くの本は、さながら自らの城の中の知られざる広間を開く鍵の如くである。


(タグ:



    




Anyone who keeps the ability to see beauty never grows old.

 

美を見る力を保ち続ける者は、決して老いることがない。


(タグ: 老い



    




How about if I sleep a little bit longer and forget all this nonsense.

 

もう少しだけ寝て、この訳の分からぬことすべてを忘れてしまったらどうだろうか。



    




I cannot make you understand. I cannot make anyone understand what is happening inside me. I cannot even explain it to myself.

 

あなたには理解させられない。私は自分の中で起こっていることを、誰にも理解させることができない。自分自身にすら、説明できないのだ。


(タグ:理解 自分



    




The true way is along a rope that is not spanned high in the air, but only just above the ground. It seems intended more to cause stumbling than to be walked upon.

 

真の道は宙に高くもなく、地面のすぐ上に張られたロープに沿ったものだ。それは上を歩くというより、躓かせようとしているようにも思える。


(タグ:



    




All human errors are impatience, the premature breaking off of what is methodical, an apparent fencing in of the apparent thing.

 

あらゆる人為的ミスは、焦り、順序だったものの早まった中断、明らかなものの明らかな回避である。


(タグ:誤り



    




There are two main human sins from which all the others derive: impatience and indolence.

 

他のすべての罪がそこから導き出される、人間の主たる二つの罪悪というものがある。すなわち、焦燥と怠惰だ。


(タグ: 怠惰



    




Beyond a certain point there is no return. This point has to be reached.

 

ある地点を越えると、後戻りが効かなくなる。そこに到達せねばならない。



    




From the true antagonist illimitable courage is transmitted to you.

 

真の敵対者からは、無限の勇気があなたに伝わるのだ。


(タグ:勇気



    




The mediation by the serpent was necessary: Evil can seduce man, but cannot become man.

 

蛇による調停が必要だったのだ。悪は人を唆すことはできても、人になることはできない。


(タグ: 必要



    




1 - 10 / 19件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 

 

年間100冊本を読む、(速読ではない)方法は、コチラ