「ヘレン・ケラー」の名言

ヘレン・ケラーの名言


ヘレン・ケラー

[1880.6.27 - 1968.6.1]

アメリカ合衆国の教育家、社会福祉活動家、著作家。身体的障害を克服し、盲聾唖者への教育、社会福祉事業に貢献した。著作は『奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝』『わたしの宗教』『光の中へ』『楽天主義』等。

 



 

Life is an exciting business and most exciting when it is lived for others.

 

人生は刺激に満ちた仕事だが、もっとも刺激的なのは、人のために生きるときである。


(タグ:人生 他人



    




Never bend your head. Always hold it high. Look the world straight in the eye.

 

いつもうつむいてはいけない。いつも頭を高くあげていよ。世の中を真っ正面から見つめよ。


(タグ:態度 世界



    




We could never learn to be brave and patient, if there were only joy in the world.

 

もしこの世界に喜びしかなかったら、我々は、決して勇気も忍耐も学べないことになる。


(タグ:忍耐 世界 学び



    




Although the world is full of suffering, it is full also of the overcoming of it.

 

世界は辛いことで一杯だけれども、それに打ち勝つことでもあふれている。


(タグ:世界 苦しみ



    




The best and most beautiful things in life cannot be seen, not touched, but are felt in the heart.

 

人生で最高のもの、最も美しいものは目に見えず、触れることもできない。それは、心で感じるものなのだ。


(タグ:  人生



    



 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 



Life is either a daring adventure or nothing.

 

人生とは、果敢な冒険かつまらないものかのいずれかである。


(タグ:人生



    




When one door of happiness closes, another opens; but often we look so long at the closed door that we do not see the one which has been opened for us.

 

幸福への扉が一つ閉まるとき、別の扉が開かれる。しかし、我々はあまりに長く閉ざされたドアの方を眺めてしまい、自分のために開かれた扉が目に入らないことがしばしばだ。


(タグ:幸福



    




I would rather walk with a friend in the dark, than alone in the light.

 

私は、光の中を独りで歩くよりも、闇の中を友と歩きたい。


(タグ: 孤独 



    




Death is no more than passing from one room into another. But there's a difference for me, you know. Because in that other room I shall be able to see.

 

死とは、ある部屋から別の部屋に移るということでしかない。しかし、そこには私にとって違いがある。なぜなら、別の部屋ではきっと目が見えるだろうから。


(タグ: 違い



    




Alone we can do so little; together we can do so much.

 

独りでは、我々はほんの少しのことしかできない。一緒なら、たくさんのことができる。


(タグ:孤独



    




1 - 10 / 13件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ