「ジョン・ミルトン」の名言

ジョン・ミルトンの名言


ジョン・ミルトン

[1608.12.9 - 1674.11.8]

イギリスの詩人、思想家。イギリス文学を代表する二大詩人の一人で、シェークスピアに次ぐ地位を与えられてきた。著書は『失楽園』『言論・出版の自由―アレオパジティカ』『仮面劇コーマス』『リシダス』『離婚の教理と規律』『イングランド宗教改革論』『自由共和国建設論』『イングランド国民のための第一弁護論および第二弁護論』『教育論』『復楽園』『劇詩 闘士サムソン』『教会統治の理由』等。

 



 

It is not miserable to be blind; it is miserable to be incapable of enduring blindness.

 

盲目であることでなく、盲目に耐えられないことが不幸なのだ。


(タグ:幸福 忍耐



    




None can love freedom heartily, but good men; the rest love not freedom, but license.

 

善良な人間以外に自由を心から愛せる者はいない。それ以外の人間は、自由ではなく、放縦を愛しているのである。


(タグ:自由  



    




Opinion in good men is but knowledge in the making.

 

優秀な人々の意見というのは、作られている最中の知識なのだ。


(タグ:意見 知識



    




Peace hath her victories, No less renowned than war.

 

平和にも勝利がある。争いに少しも引けを取らぬ、名だたる勝利が。


(タグ:平和



    




Luck is the residue of design.

 

運は企図の残滓である。


(タグ:



    



 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 



Truth is as impossible to be soiled by any outward touch as the sunbeam.

 

真実は陽の光のように、外からどんなに触れても汚されることがない。


(タグ:真実 可能性



    




Better to reign in Hell, than serve in Heaven.

 

天国で服従するより、地獄で支配する方がよい。


(タグ:支配 地獄 天国



    




Neither man nor angel can discern hypocrisy, the only evil that walks invisible except to God alone.

 

人も天使も、偽善を見定めることはできない。それは神以外には見えないようにしてうろつく、唯一の悪なのだ。


(タグ: 



    




Give me the liberty to know, to utter, and to argue freely according to conscience, above all liberties.

 

あらゆる自由にもまして、知る自由、語る自由、良心に照らして自由に議論する自由を我に与えよ。


(タグ:自由 与え



    




Nor love thy life, nor hate; but what thou liv'st Live well.

 

汝の生を、愛しも憎みもするべからず。ただ生きている生をのみ、よく生きよ。


(タグ:人生  憎しみ



    




1 - 10 / 14件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ