「レフ・トルストイ」の名言

レフ・トルストイの名言


レフ・トルストイ

[1828.9.9 - 1910.11.20]

帝政ロシアの小説家、思想家。ロシア文学を代表する文豪である。著書は『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『イワンのばか』『イワン・イリイチの死』『光あるうち光の中を歩め』『クロイツェル・ソナタ』『復活』『人生論』『生ける屍』『パアテル・セルギウス』『文読む月日』『懺悔』『芸術とは何か』『幼年時代』『青年時代』『闇の力』『宗教論』『家庭の幸福』『神の国は汝等の衷にあり』等。

 



 

All happy families resemble one another, each unhappy family is unhappy in its own way.

 

幸福な家庭はみな似ているが、不幸せな家庭はそれぞれ違う。


(タグ:幸福



    




Let us forgive each other - only then will we live in peace.

 

互いに許し合おう。そうすることでのみ、我々は平和に暮らしていけるだろう。


(タグ:平和



    




Everyone thinks of changing the world, but no one thinks of changing himself.

 

誰しもが世界を変えることを考えるが、自らを変えることについては誰も考えていないのだ。


(タグ:変化



    




I often think how unfairly life's good fortune is sometimes distributed.

 

人生の幸運はときに不公平に分配されるということに、私はしばしば思いを馳せるのだ。


(タグ:



    




An arrogant person considers himself perfect. This is the chief harm of arrogance. It interferes with a person's main task in life - becoming a better person.

 

傲慢な人間は、自分を完璧だと思う。これが傲慢さの主たる害悪だ。それは、よりよい人間になるという人生の中心的な課題を妨げるのである。


(タグ:完璧



    



 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 

 

本のセール情報は、コチラ(本日限定)

 



The sole meaning of life is to serve humanity.

 

人生のただ一つの意義とは、人間性に仕えるということだ。


(タグ:人生



    




In all history there is no war which was not hatched by the governments.

 

あらゆる歴史において、政府により企てられたものでない戦争は存在しない。


(タグ:戦争 政府 歴史



    




The greater the state, the more wrong and cruel its patriotism, and the greater is the sum of suffering upon which its power is founded.

 

国が大きくなるほどに愛国主義はより間違った、残酷なものになり、その力の基礎となる苦しみの総計はより大きくなるのである。


(タグ:主義 



    




Without knowing what I am and why I am here, life is impossible.

 

自分が何者であり、なぜここにいるのかを知ることなしには、人生はありえないものだ。


(タグ:人生 可能性



    




Boredom: the desire for desires.

 

退屈とは、欲望への欲望だ。


(タグ:欲望



    




1 - 10 / 24件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ