「ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン」の名言

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの名言


ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

[1889.4.26 - 1951.4.29]

オーストリアの哲学者。以後の言語哲学・分析哲学に多大な影響を与え、20世紀におけるもっとも重要な哲学者の一人とされる。前期はラッセルやフレーゲと関係が深く、論理によってあらゆる事実が説明されうるとした『論理哲学論考』を刊行。哲学的な問題はすべて解決されたと考え、一時離れるも次第に誤りに気づくようになり、再び哲学へと向かった。後期は日常言語の分析に当たり、人間がなす言語の使用を「言語ゲーム」と呼ばれる独創的な概念で描き出し、精緻な考察を加えて、徹底して言語の有意味性の根拠を問うた。生前の著書は前記の『論理哲学論考』のみで、他は死後に弟子たちの手によって編纂された『哲学探究』『哲学的文法』『黄色本』『青色本』『茶色本』『確実性の問題』等がある。

 



 

One often makes a remark and only later sees how true it is.

 

人はしばしば言葉を述べ、ただ後になって、それが如何に真実であるかを知るのだ。


(タグ:言葉 真実



    




Logic takes care of itself; all we have to do is to look and see how it does it.

 

論理というものは勝手に働く。我々がせねばならぬのはただ、それが如何に働くのかを見て理解することである。


(タグ:自分 理解



    




It is one of the chief skills of the philosopher not to occupy himself with questions which do not concern him.

 

自らに関係のない問題にかかずらわずにいることは、哲学者の重要なスキルの一つだ。


(タグ:哲学 問い



    




One of the most difficult of the philosopher's tasks is to find out where the shoe pinches.

 

哲学者のもっとも難しい課題の一つは、どこに問題があるかを見つけ出すことだ。


(タグ:哲学 困難



    




To pray is to think about the meaning of life.

 

祈ることは、人生の意味を考えることである。


(タグ:人生 思考



    



 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 

 

本のセール情報は、コチラ(本日限定)

 



What cannot be imagined cannot even be talked about.

 

想像できないことは、語ることさえできない。


(タグ:想像力 哲学



    




It is clear that the causal nexus is not a nexus at all.

 

因果関係が、何らの関係でもないことは明らかだ。


(タグ:哲学 原因



    




What can be said at all can be said clearly, and what we cannot talk about we must pass over in silence.

 

そもそも語り得ることは明確に語ることができるし、語り得ぬことには沈黙せねばならないのである。


(タグ:言葉 哲学



    




The world is all that is the case.

 

世界は、成立している事態の総体である。


(タグ:世界 事実



    




The world is the totality of facts, not things.

 

世界は事実の総体であり、物の総体ではない。


(タグ:世界 事実



    




1 - 10 / 25件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ