「バートランド・ラッセル」の名言

バートランド・ラッセルの名言


バートランド・ラッセル

[1872.5.18 - 1970.2.2]

イギリスの哲学者、論理学者、数学者、社会批評家、政治活動家。貴族として生まれ、多岐にわたる才能を発揮し、99歳の生涯を閉じるまで活動を続けた。その『幸福論』は、三大幸福論の一つとして知られる。名付け親は、自由主義思想家のジョン・スチュアート・ミル。「人道的な理想と思想の自由を唱えた多様で重要な著作を評価」され、ノーベル文学賞受賞。著書は他に『哲学入門』『西洋哲学史』『懐疑論集』『怠惰への讃歌』『人生についての断章』『私の哲学の発展』『ラッセル自叙伝』『権威と個人』『神秘主義と論理』『ラッセル結婚論』等。

 



 

The good life is one inspired by love and guided by knowledge.

 

素晴らしい人生とは、愛に鼓舞され、知識に導かれたものである。


(タグ:人生  知識



    




To fear love is to fear life, and those who fear life are already three parts dead.

 

愛を恐れることは、人生を恐れることだ。人生を恐れるものは、すでにほとんど死んだも同じだ。


(タグ: 恐れ



    




Patriotism is the willingness to kill and be killed for trivial reasons.

 

愛国心とは喜んで人を殺し、つまらぬことのために死ぬことだ。


(タグ:



    




The time you enjoy wasting is not wasted time.

 

無駄にするのを楽しんだ時間というのは、無駄な時間ではないのだ。


(タグ:時間



    




Anything you're good at contributes to happiness.

 

何であれ、あなたの得意なことが幸せに寄与する。


(タグ:幸福



    



 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 



My whole religion is this: do every duty, and expect no reward for it, either here or hereafter.

 

私のまったき宗教とはこれである。すなわち、あらゆる義務を果たせ、そしていまもこれからも、その見返りを望むな。


(タグ:宗教 義務



    




Righteousness cannot be born until self-righteousness is dead.

 

独善が死ぬまでは、善が生まれることはないのだ。


(タグ:



    




I don't like the spirit of socialism – I think freedom is the basis of everything.

 

私は、社会主義の精神を好まない。自由があらゆるのものの基盤である、と思うのだ。


(タグ:自由 主義



    




How much good it would do if one could exterminate the human race.

 

人類を絶滅させることができたなら、どれだけよいだろうか。


(タグ:人間



    




The principal source of the harm done by the State is the fact that power is its chief end.

 

国家による害悪の第一の源泉とは、権力がその主たる目的であるという事実にある。


(タグ: 事実 目的



    




1 - 10 / 81件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ