「フィンセント・ファン・ゴッホ」の名言

フィンセント・ファン・ゴッホの名言


フィンセント・ファン・ゴッホ

There is nothing more truly artistic than to love people.

 

人を愛するということ以上に、真に芸術的なものはない。



    




I try more and more to be myself, caring relatively little whether people approve or disapprove.

 

人々がよいと認めるか否かにはさほど気にも掛けずに、私はより自分自身であろうとしている。



    




I always think that the best way to know God is to love many things.

 

多くの物事を愛することこそが神を知るための最上の道であると、私はいつも考えている。



    




When we are working at a difficult task and strive after a good thing, we are fighting a righteous battle, the direct reward of which is that we are kept from much evil.

 

困難な課題に取り組み、望ましいことを求めて奮闘するとき、我々は正統な闘いをしているのであり、その直接的な報酬は、多くの悪徳から遠ざかっていられることだ。



    




What am I in the eyes of most people — a nonentity, an eccentric, or an unpleasant person — somebody who has no position in society and will never have; in short, the lowest of the low. All right, then — even if that were absolutely true, then I should one day like to show by my work what such an eccentric, such a nobody, has in his heart.

 

多くの人の目には、私はどう映るだろうか。影の薄い、風変わりな、感じの悪い人間。社会に居場所がなく、これからもないだろう、つまりは、最下層の人間だ。よろしい、それが絶対的な真実だとしても、私はいつの日か、異様な、何者でもない者の心にあるものを、自らの作品によって示したいと思うのだ。



    




Great things are not done by impulse, but by a series of small things brought together.

 

偉大なことというのは、衝動によってでなく、小さなことの積み重ねによってなされるのだ。



    




Conscience is a man's compass, and though the needle sometimes deviates, though one often perceives irregularities in directing one's course by it, still one must try to follow its direction.

 

良心は人間の羅針盤だ。その針はときに狂い、示された方角にはしばしば不規則さを感じ取るが、それでも指示に従うようにせねばならぬのである。



    




<  1