「W・H・オーデン」の名言

W・H・オーデンの名言


W・H・オーデン

A real book is not one that we read,but one that reads us.

 

本物の本においては、我々が本を読むのでなく、本が我々読んでしまうのである。



    




A poet is, before anything else, a person who is passionately in love with language.

 

詩人とは、ほかの何よりも、言葉を熱烈に愛する者のことだ。



    




In general, when reading a scholarly critic, one profits more from his quotations than from his comments.

 

学術的な評論を読むときには概して、その批評よりも引用からの方が得るところが大きい。



    




Some books are undeservedly forgotten; none are undeservedly remembered.

 

いくらかの本は不当にも忘れ去られるのだが、不当に記憶されている本というものはないものだ。



    




One cannot review a bad book without showing off.

 

目立たせることなく、悪書を批評することはできない。



    




Without Art, we should have no notion of the sacred; without Science, we should always worship false gods.

 

芸術がなければ、どんな神聖の観念も持てなくなるだろう。科学がなければ、つねに邪神を崇拝することになるだろう。



    




The image of myself which I try to create in my own mind in order that I may love myself is very different from the image which I try to create in the minds of others in order that they may love me.

 

自分を愛するために心の中で作り出そうとしている自己イメージは、愛されようとして他者の心に作り出そうとしているものとは、まったく違っている。



    




<  1