「ウィリアム・ヘイズリット」の名言

ウィリアム・ヘイズリットの名言


ウィリアム・ヘイズリット

Wit is the salt of conversation, not the food.

 

機知というのは会話の塩であり、食材ではないのだ。


(タグ:会話



    




Some one is generally sure to be the sufferer by a joke.

 

誰かが冗談の被害者になっているということは、概して確実な話である。



    




Wit is, in fact, the eloquence of indifference.

 

機知とは実のところ、些細なことについての雄弁である。



    




Indolence is a delightful but distressing state; we must be doing something to be happy.

 

怠惰というのは、快適だが苦痛な状態である。我々は幸せになるために、何かをしなければならないのだ。


(タグ:怠惰 幸福



    




He who undervalues himself is justly undervalued by others.

 

自らを過小評価する者は、当然に他者からも過小評価されるのである。


(タグ:自分 価値



    


 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ

 



Learning is, in too many cases, but a foil to common sense; a substitute for true knowledge.

 

学びというのは、あまりに多くの場合において常識の引き立て役にすぎないものだ。つまり、真の知識の代用品なのである。


(タグ:学び 知識



    




The thing is plain. All that men really understand is confined to a very small compass; to their daily affairs and experience; to what they have an opportunity to know and motives to study or practise. The rest is affectation and imposture.

 

事態は明らかだ。人が真に理解しているすべては、非常に小さな範囲に限定されている。つまり日々の出来事や経験であり、だから知るための機会と学びまた実践するための動機づけがあるものである。残りは、衒いや騙りでしかないのだ。


(タグ:学び 経験 理解



    




Danger is a good teacher, and makes apt scholars.

 

危険というのは良き教師であり、利発な生徒を作るものである。


(タグ:危険 学び 教え



    




If you think you can win, you can win. Faith is necessary to victory.

 

もし勝てると思うのなら、勝つことができる。勝つためには信じることが必要だ。


(タグ:信念



    




We can scarcely hate any one that we know.

 

知っている誰かを憎むことは、ほとんどできないものだ。



    




11 - 20 / 75件 

 

 


本の読み放題はコチラ

本の聴き放題はコチラ