「ミゲル・デ・セルバンテス」の名言

ミゲル・デ・セルバンテスの名言


ミゲル・デ・セルバンテス

God bears with the wicked, but not forever.

 

神は悪人にも辛抱するが、永遠にではない。



    




In order to attain the impossible, one must attempt the absurd.

 

不可能を成し遂げるためには、不条理を試みなければならない。



    




Too much sanity may be madness and the maddest of all, to see life as it is and not as it should be.

 

人生をあるがままに見て、あるべきように見ないような過度の正気は、狂気、あるいは最大の狂気であろう。



    




The pen is the tongue of the soul.

 

ペンは魂の舌だ。



    




While there's life there's hope.

 

命があるうちは、希望はある。



    




There are only two families in the world, the Haves and the Have-Nots.

 

世の中には、二つの種族しかない。持てる者と持たざる者だ。



    




All sorrows are less with bread.

 

どんな悲しみもパンがあれば和らぐものだ。



    




     3