「エズラ・パウンド」の名言

エズラ・パウンドの名言


エズラ・パウンド

The curse of me and my nation is that we always think things can be bettered by immediate action of some sort, any sort rather than no sort.

 

私と我が国民が呪われているのは、何もしないよりも、どんなものであっても、何らかの直接的行動によって物事が改善されると考えている点である。



    




Real education must ultimately be limited to men who insist on knowing. The rest is mere sheep herding.

 

真の教育は、究極的には、知ることを強く求める者だけに制限すべきである。それ以外は、単なる羊の放牧にすぎない。



    




No man understands a deep book until he has seen and lived at least part of its contents.

 

少なくともその内容の一部を経験し、味わうまでは誰も、難解な本を理解していないのだ。



    




A slave is one who waits for someone to come and free him.

 

奴隷とは、誰かがやって来て開放してくれるのを待つ者のことだ。



    




The artist is always beginning. Any work of art which is not a beginning, an invention, a discovery is of little worth.

 

芸術家はいつでも発端である。発端でも、発明でも、発見でもない芸術作品には、ほとんど価値がない。



    




Poetry is a sort of inspired mathematics, which gives us equations, not for abstract figures, triangles, squares, and the like, but for the human emotions.

 

詩とは、三角形や四角形のような抽象的な図形に対してでなく、人間の感情に対して方程式を与えてくれるもので、謂わば霊感を受けた数学のようなものなのだ。



    




If a man isn't willing to take some risk for his opinions, either his opinions are no good or he's no good.

 

人が自らの意見にいくらかのリスクを負うつもりがないのなら、彼の意見か彼自身のいずれかには価値がないのである。



    




<  1